ブレーキホースを換えてみよう

スクーターのフロントブレーキホースはゴム製のホースです。
このままでも別に問題はないのですが、ブレーキキャリパーをブレンボに
換えたりすると、ふにゃっとした感覚がして手応えに乏しい感じがします。
このブレーキホースをステンレスメッシュの物に換えると、ブレーキホースが
油圧で膨らむのを抑えてタッチが良くなります。スポーツ走行をする上で
ブレーキングは命ですから、ホースも交換してしまいましょう!
実際の作業においては、サービスマニュアルを熟読の上ご自分の責任で
作業を行って下さいね。命に関わる部品ですので。


@ブレーキホースを用意する

 国産、外国産と色々なメーカーからステンレス
 メッシュのブレーキホースが出てますね。
 作者は有名どころのアールズ製をチョイス
 しました。値段も手頃ですし、継手部分の
 アルマイト処理が綺麗です。DOT4のブレーキ
 フルードも同梱されています。親切ですね(^-^)
Aフロントカウルを外す

 CDIを換えてみようのページを参照して下さい。
 ビス類の外し方が書いてあります。写真の様に
 内部は汚いのでついでに掃除してあげて下さい。
 ライト回りも外さないとマスターシリンダーが顔を
 出しません。無精せずに外しましょう。
Bブレーキフルードを抜く

 まずキャリパー上部の手で回せる樹脂製キャップを外します。
 するとブリードスクリュー(要はドレンボルト)が顔を出しますので
 用意しておいた透明ビニールホースを差し込みます。そしてスク
 リューを緩めるとフルードが出てきます。マスターシリンダー部
 リザーバータンクを覗きながら全て抜きます。この時、フルード
 が塗装やプラスチック部分につくと損傷を与える場合があり
 ますので注意して下さい。フルードは間違っても垂れ流しなど
 せずに廃油受けに入れて自治体の定める処理方法に従って
 下さい。
Cマスターシリンダーユニオンボルトを外す

 マスターシリンダーとブレーキホースを止めているボルトを
 外します。外すときにはマスターシリンダーのリザーバー
 タンク内にブレーキフルードが残っていないか確かめてから
 外しましょう。外すときはウエスでこぼれるフルードを受け
 ながらにしましょう。汚損を防げます。外したボルト及び
 銅製ワッシャーは再使用しません。
Dノーマルホースを外す

 ノーマルホースはステーやタイラップで配線やフレーム
 に固定されています。丁寧に1箇所づつ外して行きましょう。
 ブレーキキャリパー直近でも1箇所固定されています。
 ビス止めになっていますので+ドライバーで外してください。
E新しいホースを通す

 ノーマルホースが通っていたルートに沿って新しいホースを
 通します。キャリパー側とマスターシリンダー側の継手は
 違いますので上下を間違えないように。ノーマルホースと
 同じようにタイラップ等で固定します。但し継手の取付が
 終わってからにしましょうね。
F継手を取り付ける

 ホースの両端の位置を決めたらマスターシリンダー及び
 キャリパーにホースを接続します。継手の両端に付属の
 新しい銅製ワッシャーを入れ、ユニオンボルトで締め付け
 ます。アルマイトなので傷が付きやすいので慎重に締め
 て下さい。継手内部に細かいゴミが入らないように注意
 して下さいね。
Gエア抜きをする

 新しいホースのの取付が終わったら、ハンドル部のリザーバー
 タンクに新しいブレーキフルードを入れます。まだブレーキホース
 やキャリパー内にはエアが沢山入っているのでフルードは少し
 しか入らないはずです。
 エア抜きですが、先程のブリードスクリューより行います。フルード
 を抜いたときと同じように透明ビニールホースを取付けます。
 で、ブレーキレバーを10回くらい握り・放しをスコスコ繰り返し、
 握ったままブリードスクリューを緩めます。するとそこからエアが
 抜けます。抜いたとき、握りしめたブレーキレバーの反発力が
 スッと抜けるのでわかります。この作業をひたすら続けるだけ。
 (実は一番気合いがいる作業です)エアが抜けきるまでは、
 ブレーキレバーを握ってもスカスカなのですが、エアが抜け
 きるとガツンとした手応えが出ます。これで完了!
H完成!!

 JOGはエア抜きの時に、マスターシリンダー取付部の
 バンジョーボルトの所にエアが溜まりやすいです。
 ここにエアが溜まると一生エアが抜けてくれません(^^;;
 ウエスで受けを作り、5回くらいここの部分のエア抜き
 をして下さい。エア抜きは念入りに!



エア抜きしていくにつれ、リザーバータンク内のフルードはどんどん吸い込まれていきます。無くなるまえに
補充して下さい。エア抜きは根気が大切。怠ると命に関わりますからね。エア抜きが終わったらもう一度
各所のボルト類を増締めしてください。試走時は、最初のウチは低速でブレーキ操作をしてみて、異常が
ないか確認してから通常走行に入りましょう。



表紙へGO!