リアブレーキを交換しよう
〜付録・タイヤ交換手順〜

原付スクーターのリアブレーキは一般的にドラムブレーキです。(一部輸入車にはディスク車もあります)
ですからブレーキシューを交換するにはタイヤを外さなければなりません。しかもタイヤを外すにはマフラー
が邪魔になります。少々面倒ですが、じっくりやれば大丈夫です。張り切って行きましょう〜〜!!
実際の作業においては、サービスマニュアルを熟読の上ご自分の責任で作業を行って下さいね。


@ブレーキシューを用意する

 まずこれがなければ話になりません(笑)
 純正の他に色んなメーカーからレース用の
 シューが出ています。摩擦係数が高く効きが
 良いのですが、そのぶん減りは早いです。
 ご自分のスタイルに合わせてチョイスして
 下さいね。
Aマフラーを外す

 まず、マフラーを外さないとタイヤが外れて
 くれません。シリンダー取付部のスタッドボルトを
 折らないように慎重に外しましょう。また、マフラー
 ガスケットは基本的に新しくしましょう。あらかじめ
 買っておく必要がありますね。
Bリアタイヤを外す

 リアタイヤを止めているナットは相当固いです。
 普通に外そうとしてもなかなか外れてくれません。
 作者はリアブレーキを思いっきり握りながら足で
 メガネレンチを蹴飛ばすようにして瞬間的に力を加えて
 外しました。インパクトレンチ風、ですね。
Cリアブレーキシューの状態

 このようになっています。スプリングが上下に付いています。
 ブレーキレバーを握ると下側に付いているカムが回転し、
 両側のシューが広がるようになっています。この状態で
 ブレーキレバーを握ってみると仕組みが良く判ります。
D古いシューを外す

 シューは写真のように両手で手前に起こすようにすると
 簡単に外すことが出来ます。若干バネの反発があります
 のでケガには注意して下さい。革製の手袋をする事を
 お勧めします。
E新しいシューを取り付ける

 古いシューを取り外したのと逆の要領で新しいシューを
 取り付けます。先に上部の丸い軸の方の位置を決めて
 から下のカムの方を手で広げながらはめ込むとうまく
 行くようです。取付時にはシューにグリス等の油脂分が
 付かないよう十分に注意して下さいね。
Fホイール清掃

 せっかくリアタイヤを外したのですから、ついでに清掃
 しちゃいましょう。普段マフラー等に阻まれて隅々まで
 洗うことが出来ませんからね。ブレーキが当たる部分は
 パーツクリーナーで綺麗にしてあげましょう。
 タイヤが減っていたらここでついでに交換しちゃうのも
 手です。手順は下記に記載しました。写真はありませんが、、



最後にクランクケースカバー側に付いているブレーキワイヤーの引きしろを蝶ネジで調整して完了です。
最初のウチは効きが悪いので、当たりが出るまでは速度を落として走行してください。
社外品のシューを取り付けるとキーキー鳴くことがあります。(異常ではありません)


〜付録・タイヤ交換手順〜

まずエアを抜き古い方を外すのですが、大抵ホイールにある程度固着しているので
すんなりとは外れてくれません。タイヤレンチを差し込んで叩いたりしながら
ホイールと固着している部分をまんべんなく外します。固着が外れたらCRCなどの
潤滑剤を少しだけ塗って滑りを良くし、タイヤレンチでこじって外します。
ホイールを曲げたりしないように注意しましょう。
外れたら逆の手順で新しいタイヤを取り付けます。タイヤの内法にやはり潤滑剤を
少しだけ塗って滑りを良くします。一気にやろうとせずに、徐々に攻めていきましょう。
はまったらタイヤを立ててまんべんなく押したりしてバランスを確認します。
で、エアを入れるのですが、そのままではホイールにうまく噛み合っていない事が
多いのでスカスカ抜けてしまうことがあります。自分の場合はベテランの方に
お知恵を拝借して、バイクをトラックに乗せるときなどにつかうバンドをタイヤに
ぐるっと一周巻き、ギュッと締め付けてみました。するとうまい具合にホイールに
タイヤが噛み合い、エアが入りました。
取付自体はじっくりやれば自分でも出来ますが、エアを入れるのはコンプレッサーが
無いと少々辛いかもしれませんね。皆さんがおっしゃる様に近所のバイクやさんか
スタンドに行ってエアを入れて貰った方が良いかもしれません。
最後に、リアタイヤを車体に装着するときはナットが緩まないように細心の注意を
払って下さいね。命に関わりますので。

表紙へGO!